キャンパスライフとは?これからキャンパスライフを始める方必見のサイトです!

キャンパスライフの楽しみ方

就活の流れについて

3回生になると、就職活動に向けての準備が始まります。

就活はどういったことをするのか?
流れを追いながら、説明していきます。


【1】自己分析
就活において重要なのは、いかに自分をアピールするかです。
そのためにはまず、自分がどのような人間であるか?
ということを知らなければなりません。

そして、目指す将来像をはっきりとさせます。


【2】業界研究・企業研究
志望する業界・企業についての知識を深めるために、
業界研究・企業研究をします。

その企業はどのような事業を行っているのかや、
その業界は現在どのような状況にあるのか、将来はどのようになっていくのかなどを調べます。

これにより、自分の志望動機を更にはっきりさせることもできます。

「OB・OG訪問」「会社訪問」などで、
実際に働いている人に直接話を聞くことでも情報収集をします。

【3】エントリー
エントリーとは、「応募」ではなく「資料請求」のことを指します。

インターネットやはがき、または窓口に直接書類を取りに行くなど、
エントリー方法は企業によって様々です。

このエントリーをしないと、会社説明会などの
その後の案内を受け取れないので、できるだけ多くの企業へエントリーするようにしましょう。


【4】会社説明会
企業が学生に対して、仕事や職場についての説明を行うものです。
請求した資料だけではわからないような社風などもこの説明会でわかります。

また、複数の企業が集まって開催される「合同会社説明会」もあり、
1度に複数の企業の説明を聞ける機会があります。

積極的に参加することが大切です。


【5】選考・試験・面接
採用試験には「書類選考」「筆記試験」「面接」の大きくわけて3つがあります。
筆記試験では、学力や一般常識、文章力などが問われます。

代表的なのが「SPI試験」と言われるもので、
国語・算数の能力検査に加え、適性検査をするものです。

また、作文や小論文なども書かなければならない場合が多いので、
日頃から考えをまとめる練習をし、漢字力を身に着けておきたいところです。

面接は、その人がどのような人間なのかを見る、
一番重要視されている項目です。

また同時にコミュニケーション能力も見られています。

面接には、学生1人に対して行われる「個人面接」と、
複数の学生に対して同時に面接が行われる「集団面接」があります。

また、集団面接の中には「グループディスカッション」というものもあり、
学生3~4人でテーマにそって議論をするものです。

時事問題を問う質問も多いので、
話題のニュースには目を通し、自分の意見を持っておきましょう。


【6】内定
採用試験を突破し、企業から内定をもらえば就活は終了です。


これが、就活の大まかな流れです。

何事も早め早めの準備が大切なので、
しっかりと情報収集をし、万全の態勢で就活に挑みましょう。